印刷

視覚障害教育部門

視覚障害教育部門 部門紹介
 
視覚障害に配慮した指導の一例 中学部理科「動物の体のつくりと働き」
 
 
幼稚部 学部目標
 
普通学級
  ア. 元気よく活動する力を育てる。
  イ. 身のまわりのことを自分でする力をつける。
  ウ. ものごとに興味を持つ気持ちを育てる。
  エ. 人とかかわることを楽しむ心をはぐくむ。
  オ. 友だちとなかよく遊ぶ力を育てる。 

重度・重複学級
  ア. 元気よく活動する力を育てる。
  イ. 身のまわりのことを自分でしようとする力を育てる。
  ウ. ものごとに興味を持つ気持ちを育てる。
  エ. 身近な人とかかわることを楽しむ心をはぐくむ。
  オ. 友だちとなかよく遊ぶ力を育てる。 
 
 
小学部 学部目標
 
普通学級
  ア. 健康で元気に生活する心と体を育てる。
  イ. 興味を持ち、進んでかかわる力を育てる。
  ウ. 自分で考え、工夫してやりとげる力を育てる。
  エ. 友だちにやさしく思いやりをもって行動できる力を育てる。
  オ. 自分のことは自分でやろうとし、友だちと助け合う意欲と態度を育てる。 

重度・重複学級
  ア. 健康で元気に生活する心と体を育てる。
  イ. まわりのことへの興味・関心を高める。
  ウ. 自分の気持ちを表現できる力を育てる。
  エ. 友だちとなかよく生活できる力を育てる。
  オ. 自分のできることを増やしていく力を育てる。
 
 
中学部 学部目標
 
普通学級
  ア. 健康かつ安全で活力ある生活を営むための資質や習慣を育てる。
  イ. 自ら学び、自ら考えて行動しようとする力を伸ばす。
  ウ. 基礎学力を身に付けるとともに、自己の障害について理解を深め、個々の生徒の個性を伸ばす。
  エ. 豊かな人間関係をはぐくみ、人との調和を図ることができる人を育てる。
  オ. 地域や社会に関心を持ち、将来の自立に向けた意欲や態度を育てる。 

重度・重複学級
  ア. 健康かつ安全で生き生きとした生活を営むための体力をはぐくみ、基本的な生活習慣を養う。
  イ. 自分からまわりの人やものに働きかけ、主体的な生活を送る力を育てる。
  ウ. できることを1つずつ増やし、個々の生徒の個性を伸ばす。
  エ. 人とのコミュニケーションから、集団生活のルールを身に付ける。
  オ. 地域社会での活動や交流を通して、社会の一員であるという気持ちを育てる。 
 
〒157-0061 東京都世田谷区北烏山4-37-1
電話 : 03-3300-6235 ファクシミリ : 03-3300-7136
E-mail : ml-kugayamaseiko@section.metro.tokyo.jp